NEWS2021.07.24リンパドレナージュの施術受付開始します!
MORE

Menu List

当店のメニューリスト

ここある
~此処にある、個々である、心ある~

🍀体の軸、心の軸は、既にみなさんの “ここ(自分の中)” にあること
🍀一人一人違った “ここ(個々)” であること
🍀過去の自分ではない “今ここ” の自分を感じること
🍀私にできるのは “こころある” お手伝いをすること

教室名 ここある には、そんな私の想いが込められています。

ひとりひとりに丁寧に寄り添うレッスン

心も体も整え、日常に生かせる、しなやかな強さと美しさを育てるヨガ・ピラティス教室

当店は大手ピラティススタジオと違い、少人数制のピラティススタジオです。

ひとりひとりフォームを確認し、修正しながら丁寧にトレーニングして、きちんと結果を出していく。

それが私が少人数制にこだわる理由です。

頑張りすぎてる女性たちへ

女性ってアラサーからアラフォー、アラフィフと

社会ではまだまだ男性社会の中で必死に仕事に向き合い、

子供のいる方は、毎日家事して子育てして、
少し子供が大きくなると塾代やら進学費用のためにパートもして

親も段々老いを感じてくる年齢になり、親の介護や仕送りが必要なこともあったり、

旦那さんやパートナーとの関係も大事にしないとだし、

日々があっという間に過ぎていく、、、。

体は疲れて不調が出だしてから、やっと整骨院やマッサージに行き、それでメンテナンスは大丈夫と自分に言い聞かせる。

子供の塾代は驚くほど高額なのに、自分のためにかけるお金は贅沢だと感じる…そしてかけるお金は医療費、、、。

「何かおかしくないですか?」

母として、妻として、娘として、社会人として、保護者として、地域の一員として、多く仕事を頑張ってるのに、かけるお金は治療費と息抜きのランチ代って。

一番大事な自分自身のメンテナンスがガッツリ抜けてますよね?

車だって大きく壊れる前に日頃からメンテナンスして、しっかりガソリン満タンにするから、車も元気で乗ってる人も心地良いんですよ。

マッサージや治療では、どんなにその場で一時的にラクになっても、根本的に痛みの原因となる体の使い方を直さない限り、永遠に薬と通院生活から解放されません。


決してマッサージや治療や薬がいけないと言ってる訳ではありません

私も必要な時はお世話になります。

ただそこに頼りっきりではいけないということです。

それは全て他力本願です。

もっと自分の体は自分で責任を持って大事に整えてあげる必要がある!!

と言うことです。

そしてそこにかけるお金は決して贅沢ではない!ということです!

あなたは、不調が出てから痛い痛いと言い続け、払い続ける医療費と、
痛くなる前に元気でいられる体を手に入れられるお金と、

あなたはどちらに投資したいですか?

ピラティスでもっと心も体も自分自身を大切にして行きましょう。

そして痛みがなくなって気持ちに余裕ができたら、もっときれいになりたい、スタイルよくなりたい、新しいことに挑戦したい、と気持ちが前向きになり、今までのように我慢してる自分にイライラしてつい怒ってしまったりが少なくなってきますよ。


結果的に家族も笑顔が増えます(๑>◡<๑)
(問題が無くなる訳ではないけど、捉え方が変わると関係や状況が変わってきます)

私はピラティスでそんな頑張ってる

あなたの自己メンテナンス応援部長になります!

あ、別にアラフォー、アラフィフ限定じゃないですよ(笑)。
ここあるのピラティスレッスンには10代から70代の方までいらっしゃってます!

あなたは一人じゃありません!

一緒にヨガ・ピラティスで健康な素敵女子めざしましよ!

大丈夫!!あなたもきっと変われます

ヨガ・ピラティストレーナー
KAYO -カヨ-

初めまして
ヨガ・ピラティス講師のKAYOです。
たくさんある教室の中からこのページにお越しくださってありがとうございます。

皆さんが思い描く教室の先生のイメージって、
ヨガの先生は体が柔らかく、心が落ち着いていて、バランスの取れた人…
ピラティスの先生はスタイル抜群で体幹があって、マット運動が得意…
そんなイメージではないでしょうか?

娘と京都旅行

その対極にいたのが、以前の私です。笑

結婚してからというもの、転勤による引越しを重ね、3人の子どもを出産し、子育てとパートに追われる毎日。身内も近くにおらず、いつも「頑張れ私」を口癖に過ごしてきました。

肩こり・腰痛は当たり前、胃痛・頭痛や生理痛もひどく、入院することも。潰瘍にもなったことがあります。
そうして自分のために時間やお金を使うことにためらい、

「頑張れ私」を繰り返していた

最中、立て続けにいろいろな事が重なり、大きく心と体を壊してしまいました。

その一つが両肩の石灰化。
始めは歩くだけでも肩に響き、歯を磨くことも、着替えることも、トイレでも大変な日々。
何年もの間、病院を転々としながら薬、注射、リハビリに鍼灸、整骨院にも通って治療を重ねたのですが、大きな改善には至りませんでした。

家族で鴨川へ/左は娘、右は我が家のプーさん(夫)です♪

その状態が何年も続くと、肩まわりは更に凝り固まり、首の痛みとともに頭痛も更に激しくなってきました。一年のうち三分の一は布団では眠れず、ソファーにもたれながら寝ていました。

ただ、以前から通っていた近所のヨガ教室(ヨガ体操に近い)には、休みがちながら細々と通い続けていました。
そのヨガ教室の先生は、当時70代半ばを過ぎた年齢でありながらも、いつも姿勢が正しく、

私も「先生のように齢を重ねてそれを仕事にできたら」

と漠然と夢見てました。

そんな生活が7年ほど続いたある日、たまたま友人のヨガインストラクターに再会し、その友人に背中を押されてヨガ講師養成の扉をたたく決意をしました。

その時すでに私は40代。
若さもなければ、経験も、運動力も、医学の知識もありません。

しかもピラティス講座の存在はヨガの養成校の説明会で初めて知り、ヨガを伝える上でプラスになるならと、ある意味オマケ的にピラティス講座を受けてみる気持ちになりました(すみません)。

養成講座の受講中も、くすぶっていた肩の石灰化による炎症が牙をむき、激しい痛みと闘いながら学び続ける毎日でした。その頃通っていた病院では、通常は2週間に1回のペースで肩に打つ注射を、週1回、多い時は2回も打ちながら、その先生の勧めと応援もあってなんとかヨガとピラティスの資格を取ることが出来ました!

そうして練習を続けていたある時、ふとその痛みから解放されたんです!

嘘みたいで、信じられませんでした!

発症から7年経っていました。
その時、私は痛感したのです。
ただ身体を動かすのではなく、解剖学のメソッドに沿って動かすことで、薬でも治らなかった症状が改善することを。

併せて学んだヨガは、もともと自己肯定感が低く、不安や焦りが強かった私の心を安定に導いてくれることを大きく実感しました。

心と体が和らいでからは、更に体も変化し、心身ともに芯から整って変化していっているのを実感します。

まだまだ進化中の私です。
ぜひ一緒にピラティスはじめてみませんか??

教室への思い

ページ先頭へ

営業日

月:10:00~17:00 パーソナルレッスン
火:定休日
水:10:00~11:00グループレッスン 14:00~17:00 パーソナルレッスン
木:10:00~17:00 パーソナルレッスン
金:10:00~11:00オンラインレッスン 13:00~17:00 パーソナルレッスン
土:定休日
日・祝:定休日

キャンセルポリシー

レッスン申し込み後のキャンセルについて、キャンセル可能日時以降のご連絡、または無断キャンセルについては、1レッスン分のキャンセル料をいただきますので、お早目のご連絡お願いします。

⚪️パーソナルレッスンの場合
前日PM8時までにご連絡ください

⚪️グループレッスンの場合
当日AM8時までご連絡ください

Event List

体験予約はお気軽にご参加くださいませ!

フルネーム (必須)
メールアドレス (必須)
電話番号 (必須)
レッスンご希望日時【第1希望】
レッスンご希望日時【第2希望】
お問合せやご要望がある方はこちらにご記入くださいませ

吹田市南千里・桃山台ピラティススタジオここある

ピラティススタジオ【ここある】

大阪府吹田市南千里or桃山台より徒歩10分前後
(ホームスタジオのため、詳しい住所はご予約をいただいた後お伝えいたします)
※車でお越しの場合は、近くのコインパーキングをご利用ください。